会員の紹介

2015年1月掲載

越えてみると、見てみたい他のことが見えてきて、もっとやってみたくなる。



    

名古屋大学
宇宙地球環境研究所
特任助教

吉岡 真由美


Q. 学部・大学院での専門

地球物理学・気象 / 博士(理学・論文)・名古屋大学


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

(独)海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター 研究員・技術員:
      地球シミュレータでの大気大循環モデルの大規模並列化実行、全球大気モデルでの台風の発生過程と環境
名古屋大学 地球水循環研究センター 研究員:
      非静力雲解像度モデルの高度化・台風の数値実験
東北大学大学院 理学研究科 大気海洋変動観測研究センター 特任助教:


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

数値モデルを使ったりいじったり作ったりして、計算機で数値シミュレーションをやっています。気象海洋の現象を再現するとともに、時に理想化実験も行うことで現象を調べています。
・台風の強度と海洋とのかかわり、特に大気海洋相互作用について。
・台風発生、特に水惑星という架空の惑星における台風(のような渦)とその環境について。
・日本周辺海域に観測される低層雲の構造、重なっている雲の構造について。
最近は、激しいものからおとなしいものまで、そこに「雲」があれば何でもやっています。また、計算機を使ったシミュレーションだけでなく、雲の分布の再現性を衛星データと比べてみたり、部屋に引きこもってばかりはいけないと思い立ち、野外の気象観測(気象ゾンデをあげる)もやるようになりました。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

とにかく、やっていると、ハマる。ひとつのことが越えられないときには、部屋で布団をかぶって引きこもりたくなるくらい自己嫌悪になるが、越えてみると、見てみたい他のことが見えてきて、もっとやってみたくなる


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

パブリックイメージと本人の意識する自己像が乖離しているらしく、過剰に評価されたり、できると期待されて仕事を任されたとき。そのギャップに落ち込むこともある(多くあった)が、落ち込んだり悩んだりして停滞している時間がもったいないので、とにかく何か動いてみることにした。とりあえず自分のできることをできるだけする。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

書を楽しむ、書の稽古をする(漢詩、和歌、俳句。古典から現代詩、現代歌謡まで何でも)。
日本史にかかわるあれこれ。読んだり調べたり行ってみたり。古代史から最近は幕末まで。
ジムで運動


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

休日は研究室には極力いかない、端末にも触らない、仕事のメイルも見ない、返事をしないように心がけている


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

研究は体力です。夜討ち朝駆けもあります。四方からいつ何時攻撃を受けるやもしれぬ心構えでおらねばなりません。研究業界は義理と人情の世界です。仁義を切って筋を通し、言った以上、やった以上は落とし前をつけなければなりません。研究者は人気商売です、人に関心を持ってもらえなければなりません。多種多様な多くの人の協力と応援があってこそ生きていける世界です。常に人から見られることを意識し、鍛練を怠らず、もてるものはすべて技となし、磨き精進せねばなりません。なれど最大の敵は己が内にこそあり。すべては経験、役に立たぬ知識のあることか。

ページのトップへ戻る