会員の紹介

2018年4月掲載

自分が興味を持つことを続けることができるのは幸せです。



    

神戸大学大学院 海事科学研究科
准教授

山地 一代


Q. 学部・大学院での専門

気象、大気環境科学/博士(理学・九州大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

海洋研究開発機構 任期付研究員: Emission Inventory、大気質モデリング


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

気候変動や大気汚染に関連する物質を対象としたモデル研究。現在、海事科学部というところに所属している関係で、海洋上での活動に由来する物質や大気から海洋への影響などにも注目しています。


Q. この分野に入ったきっかけ

小学生の頃から身近な自然現象を不思議に感じ、興味を持っていたことを覚えています。自然環境に触れること、気象・気候や大気の環境問題に関わることを続けてきて今に至っております。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

苦労したあとにだけ味わうことのできる達成感


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

プログラムのバグ取りと論文のリジェクト。(解決策は、、、がんばるしかない?!)


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

家族でキャンプ、スキー、六甲登山などを楽しむ。


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

子供が生まれる前に較べると、格段に家にいる時間が長くなりました。宿題を持ち帰っていますが・・・


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

どのような分野でも、自分が興味を持つことを続けることができ、さらに、関連する職に就けることは幸せな事だと思います。


ページのトップへ戻る