会員の紹介

2015年1月掲載

特に気象現象は、皆「分かったつもり」になっている事が多いような気がする



    

京都産業大学
理学部
准教授

高谷 康太郎


Q. 学部・大学院での専門

気象力学 / 理学博士(東京大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

(独)海洋研究開発機構 研究員/主任研究員:
      データ解析などによる気候変動のメカニズムの研究


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

データ解析などの手法により、中高緯度で発生する異常気象などの気候変動のメカニズムを解明するための研究を進めています


Q. この分野に入ったきっかけ

子供の頃から異常気象に興味があった(本当のきっかけは、子供の頃に見た夏の入道雲の壮大さに憧れたからかも)


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

誰も理解していなかった事を物理的に解明出来た時はやはり嬉しい。特に気象現象は、皆「分かったつもり」になっている事が多いような気がするので、なおさらそう思う。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

研究に関しては特にない。歳を取るに連れ、雑用が増えてくる事がつらい。これに関して解決策はない。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

クラシック音楽鑑賞。


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

なるべく家に仕事は持ち込まないようにしている(が最近はその原則が崩れつつある)。洗濯くらいはしている。可能な場合は保育園の送り迎えも


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

研究生活ではその人の人生観が結局重要になってくると思います(研究業界に限りませんが)。研究に関する知識を深めるとともに、少しずつでもよいので、ご自分の「哲学」を深める努力をなさると、将来有益ではないかと思います。

ページのトップへ戻る