会員の紹介

2017年4月掲載

「楽しそう!」と思える方を選んだ結果、気が付いたらこの分野の研究者として仕事をしていました。



    

国立研究開発法人
海洋研究開発機構
研究員

杉本 志織


Q. 学部・大学院での専門

環境科学、気象・気候学/ 博士(理学、筑波大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

筑波大学: 非常勤研究員
北海道大学: 博士研究員
首都大学東京: 特任助教


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

データ解析や数値実験により、大気陸面過程を中心とした研究に取り組んでいます。特に、陸面状態(土地利用や土壌水分量など)が地域気候に及ぼす影響に興味を持っています。研究対象地域を限定しているわけではありませんが、これまでの研究は、チベット高原、南アジア、日本(北海道)、東アジアなど、アジア域を中心に行いました。


Q. この分野に入ったきっかけ

きっかけとなる具体的な出来事は特にありません。人生の分岐点に遭遇する度に「楽しそう!」と思える方を選んだ結果、気が付いたらこの分野の研究者として仕事をしていました。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

研究者の仕事は、未知な事象について解明したい!という知的好奇心の上に成り立つ点で非常に魅力的だと思います。一緒に仕事をしている方々も皆同様なので、研究の議論にしてもそれ以外の雑談にしてもとにかく面白いです。また、仕事で様々な場所へ出かける機会が多いせいか、一人でどこにでも行ける度胸がつきました。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

研究以外の仕事で研究に没頭できない日が続くと気分が滅入ります。解決策は研究以外の仕事をしないことですが、それは無理なので、なぜこの道を選んだのかという本質を自問自答し、モチベーションを回復させるようにしています。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

・ふらっと旅にでる(国内外問わず)
・絵本を読む(人生の教訓を得るため)
・地域住民と交流する(主に酒場で)


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

休日や帰宅後は、極力仕事をしません。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

自分の「ワクワクポイント」を理解できれば、自ずと進むべき道が見えると思います。ですので、ワクワクするという感情の揺れ・動きを大切にしてください。理屈ではありません。
また、ワクワクポイントは必ずしも一つとは限りません。沢山あるほど人生の選択肢が広がります。視野を広げ、経験値を高めて、より多くのワクワクポイントを発見してください。私自身、現在進行形で新たなワクワクポイントを探し求めています。

ページのトップへ戻る