会員の紹介

2018年4月掲載

再生可能エネルギー分野が発展するにつれて、気象学に関わることができる機会が広がっています



    

弘前大学大学院
理工学研究科
准教授

島田 照久


Q. 学部・大学院での専門

衛星海洋学 気象学/博士(理学・東北大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

東北大学 博士研究員/助教: 衛星データ解析・気候モデルのダウンスケーリング


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

海上風に関する研究を進めています。特に、地形性強風とそれに関係する大気海洋相互作用に興味があります。最近は、洋上風力エネルギー分野への気象・気候情報の応用にも取り組んでいます。


Q. この分野に入ったきっかけ

子供の頃から地球科学に関すること(環境問題、地球温暖化、宇宙等)に興味がありました。そうした興味がもとで、地球物理を学べる大学に進んだのがきっかけです。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

再生可能エネルギー分野が発展するにつれて、気象学に関わることができる機会が広がっているように思います。私は、風力エネルギーに関する研究に関わることで、風力エネルギー利用の観点から、自分の研究を見直すきっかけにもなっています。そして、様々な経験が、何か次につながっていくかもしれないと思ったりしています。一方で、このような思いは、研究に限らないです。大学院の時を振り返ってみると、研究室では、研究以外にも様々なことを学びました。また、今は、研究内容や所属学会が違う研究者の方々と、研究以外の仕事をすることも多いですが、そうした仕事から学ぶことはとても多いです。


Q. もっと知りたい

https://sites.google.com/site/teruhisashimada/

ページのトップへ戻る