会員の紹介

2016年4月掲載

気象, 大気環境の知見, 技術を実社会で工学的に活用すること



    

日本エヌ・ユー・エス株式会社
エネルギー事業支援部門
安全環境解析ユニット

佐竹 晋輔


Q. 学部・大学院での専門

気象、大気環境/博士(理学、九州大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

総合地球環境学研究所 日本学術振興会特別研究員: モデル解析
気象庁気象研究所 任期付研究員: モデル解析
東北大学 任期付研究員: モデル解析


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

気象・大気環境の知見・技術を活用して、お客さんのご要望に応える。


Q. この分野に入ったきっかけ

・気象, 大気環境の知見, 技術を実社会で工学的に活用することに興味をもった。
・自身の性質が研究者に向かないと感じた。
・新しいことにチャレンジしたくなった。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

・専門/異分野、論文になる/ならないに関係なく、多くのことに取り組め、様々な知見を得ることができる。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

辛かったこと: 就職した際、自分の仕事のスピードが非常に遅いと感じたこと。
解決策: 可能な限り、無駄なことをしないように努める。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

オートバイ


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

気持ちだけは、仕事よりも、趣味優先、遊び優先、家族優先です。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

若いので、いろんなこと(進路)にトライしてみてよいかと思います。 もし、上手く行かなかった時、適切なタイミングで進路を修正することが重要だと思います。


Q. 民間経験・海外経験

様々なテーマに対して広く浅く関わっていく点が、民間の特徴だと思います。

ページのトップへ戻る