会員の紹介

2017年4月掲載

地球規模の変動メカニズムを解明することで地球の不思議を味わえる。



    

電力中央研究所 
環境科学研究所 
大気海洋環境領域 主任研究員

大庭 雅道


Q. 学部・大学院での専門

気候学/博士(理学、筑波大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

筑波大学 陸域環境研究センター: 準研究員


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

・応用気候学(再生可能エネルギーの長期予測・変動解析)
・異常気象・極端現象解析とその確率予測
・気候モデルデータの解析


Q. この分野に入ったきっかけ

自然景観や風景写真が好きだったため、地球上の絶景・秘境を見てみたいという甘い思惑から地球科学分野を選考。2000年のアジア大干ばつで気候変動とその予測に興味を持ち気候学分野へ。干ばつと関係性の深い、熱帯海洋変動の数値モデリングやメカニズム研究を行うこととなった。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

・会ったこともない国外の研究者の方に自分が執筆した論文を引用してもらえる。
・地球規模の変動メカニズムを解明することで地球の不思議を味わえる。
・実社会が直面しているエネルギー環境問題に直接研究で貢献できる。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

・研究テーマや急な雑用・依頼は増えるばかりで減らず、手が回らなくなってきてしまっていること。
・参画プロジェクトが増え、一つの研究テーマに対して集中して仕事ができなくなっていること。
・研究所の方針転換などで、研究テーマ・プロジェクトが大きな影響を受けることがあること。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

旅行・登山・楽器・風景写真・散歩


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

仕事柄座っていることが多く運動不足になりがちなので、プライベートではなるべく外出して散策することを心がけています。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

大学院では自分の好きなことを好きなだけ研究できます。人生で一番勉強や研究に集中できる・楽しめる時間ではないでしょうか(少なくとも私にとってはそうでした)。多くの論文を読んで自分の好きな研究テーマを発見できる素晴らしい機会だと思います。進路の選択は一本道を選択することではなく、その後も様々な選択の機会がありますので、研究職に興味があればとりあえず大学院で研究生活に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る