会員の紹介

2014年4月掲載

ささやかでも、なにか新しい発見をした瞬間は、わくわく



    

気象庁気象研究所
気象研究部 研究官

小林 ちあき


Q. 学部・大学院での専門

物理 / 理学士(埼玉大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

東京管区気象台調査課、気象庁数値予報課を経て、
気象庁長期予報課および気候情報課で、一か月予報・季節予報モデルシステムの開発と検証、
気象研究所で季節予報の研究、
気象庁気候情報課で気候系解析、
気象庁環境気象管理官室でオソン層解析を担当


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

異常気象解析、短期気候予測、全球長期再解析データ作成と評価


Q. この分野に入ったきっかけ

実感、体感できる気象と関連していて、専門知識を生かせる仕事がしたかった。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

わかっていないことや、説明できないことがたくさんあるところがこの分野の魅力と思います。その中で、ささやかでも、なにか新しい発見をした瞬間は、わくわくします。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

問題の解決方法が、全然思いつかないとき。 思いがけない異動の話があったとき。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

バードウオッチング。お茶を点てる。


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

休日は休む。家事は分担。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

自分の進みたい方向とは異なる方向に進むことになったとしても、その経験が生きてくる時がくると思います。
長期的視点と広い視野を持って、自分を信じて、道を拓いていきましょう!

ページのトップへ戻る