会員の紹介

2015年1月掲載

数学の力で現実の天気予報が変えられる、ということを知ったときから、少しずつ世界が広くなっていったような気がします



    

琉球大学理学部 助教
気象庁 気象研究所 客員研究員

伊藤 耕介


Q. 学部・大学院での専門

海洋物理 / 理学博士(京都大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

国立台湾大学 ポストドクトラル研究員:
      機動的観測のための新たな感度解析手法の開発
海洋研究開発機構 ポストドクトラル研究員:
      高解像度大気海洋結合モデルの開発、データ同化


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

台風を大気海洋結合システムにおける現象としてとらえ直すこと。
予報システムというものをデザインすること


Q. この分野に入ったきっかけ

子供のころから、数学は好きでしたが、自然現象にはあまり興味がありませんでした(この分野の研究者としては珍しい?)。しかし、数学の力で現実の天気予報が変えられる、ということを知ったときから、少しずつ世界が広くなっていったような気がします。今では、気象学も大好物です。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

自分の考えたことが人類共有の財産となり、また、頑張ったことが防災に役立つ仕事であるということ。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

突然、いいアイデアを思いついてしまい、夜眠れなくなること。
博士論文の提出直前に妻の妊娠が発覚し、地獄のような忙しさになったこと。でも、あの経験があったからこそ、たいていのことには動じないようになったとも言えます。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

アメリカ横断ウルトラクイズの復活に向けた布教活動
家族でのドライブ


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

まだ子供が小さいので、なるべく効率よく仕事をすることを心掛け、土日は子供の面倒をみるようにしています。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

自分が真剣に取り組めるテーマを見つけられれば、一番良いことだと思いますが、それはそう簡単なことではないと思います。多くの方と交流する機会を持ち、たくさんの経験をつむ中で、自分の道を探すことが大事なのではないでしょうか。


Q. 民間経験・海外経験

博士課程修了時に台風に関するポストが日本になかったので、国立台湾大学のChun-Chieh Wu先生に厚かましくも「雇ってください」というメールを出し、1年弱「無茶修行」をさせていただきました。学生さんの研究に対するモチベーションの高さと、エネルギッシュに海外に飛び出していくWu先生の姿に大きな刺激を受けました。

ページのトップへ戻る