会員の紹介

2018年4月掲載

自分が何を好きか、何をしたいのかが全て



    

防災科学技術研究所
社会防災システム研究部門
特別研究員

     (所属は2018年3月時点のもの)

石崎 紀子


Q. 学部・大学院での専門

気象 / 博士(理学・筑波大学)


Q. 過去の研究履歴(略歴など)

気象研究所 客員研究員:領域モデル解析
海洋研究開発機構 特任研究員:領域モデル解析
防災科学技術研究所 特別研究員:領域モデル、統計モデルを使った確率的評価


Q. 現在の専門分野(仕事の内容)

領域モデルを使った力学的ダウンスケーリングと統計手法を使った統計的ダウンスケーリングで、温暖化に対する地域気候の変化などを調べています。


Q. 現在の研究(仕事)の魅力やおもしろさ

想定した答えがでたとき。想定していない答えがでたとき。どちらもワクワクします。


Q. これまで研究(仕事)をしていて辛かったこと(解決策なども)

気分が乗って解析をどんどん進めたい時でも、保育園のお迎えや急な発熱などで中断せざるを得ないことはよくあります。以前は家事の合間に自宅から職場へ接続して解析の続きをしようとしたりしましたが、失敗したりして効率が悪いことがほとんどなので、自宅で仕事をするのは諦めることにしました。


Q. 研究(仕事)以外の楽しみや趣味

子どもが小さいのでどうしても育児中心の生活になってしまいます。子育ては楽しいけれど、研究があるからこそ両方楽しめるのかも…。運動もしたいけれど、なかなか時間がとれません。


Q. 仕事とプライベート(家庭など)のバランス

子どもと一緒に21時には寝るようにして、家事は早朝に分担してやっています。外勤や出張の予定は早めに夫婦で共有して、重ならないように調整しています。


Q. 進路選択を控えた大学生、大学院生へのメッセージ

自分が何を好きか、何をしたいのかが全てだと思います。研究の道を選ぶと、なかなか「安定」を得るのは難しいけれど、発見の喜びは代えがたいものです。しかし、「職がある」ことと「やりたい研究ができる」ことが一致するとは限らないので、ジレンマを感じることもあるかもしれません。先生や先輩たち、友人など、他の人と意見を交わすことも、自分の適性を判断する上で重要だと思います。


ページのトップへ戻る