活動内容

若手研究者支援

本学会では、若手研究者の支援を目的として、次のようなサポートを行っています。

  1. キャリアエクスプローラーロゴ
  2. 画像なし 右のロゴは、求職中の若手もしくは任期付研究者が講演予稿や講演資料中に掲載することで、現在求職中であることを表明するためのロゴマークです。
    このロゴの使用により、効率的なジョブマッチングが実現されています。
    ロゴのダウンロード、詳細はこちら

  3. 大会時のリクルートブース(修士・博士就職支援)
  4. 日本気象学会は、若手・任期付研究者のキャリア形成をサポートするために、大会会場にてリクルートブースを設置しています。 これは、気象学会に所属する大学院生や有期雇用の若手研究者が、広く民間企業にて適職に出会うのをサポートするために、 申し出のあった企業の就職担当者に会場に来て頂き、就職を希望する参加者と直接情報交換する場を提供する取り組みです。
    過去の実績は以下をご覧ください。
    2016年[春]   2015年[春]   2014年[春]   2013年[春]

  5. 託児施設斡旋と保育料助成など
  6. 日本気象学会では、1997年春季大会(つくば)以来、春・秋季大会期間中の保育施設の斡旋ならびに施設利用料の一部補助を行っています。学会時の保育支援は、各実行委員会が「保育支援ガイドライン」に沿って実施します。各大会の保育支援の詳細は、 各大会ホームページの「大会詳細案内」 をご覧ください。

  7. アウトリーチ活動
    • [2014.06.13]
      日本気象学会から、有期雇用研究者の雇用環境改善に関する要請ー男女共同参画およびポスドク問題の視点からーを提出しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

  8. 若手の活動
  9. 若手の活動の一つとして、毎年夏季スクール(夏の学校)を開催しています。本活動は、日本気象学会の支援を受け、実現されています。
    夏の学校の詳細は、下記リンクをご覧ください。
    夏の学校 2016   夏の学校 2015   夏の学校 2014

若手及び女性の研究環境に関するアンケート

定期会合 議事次第

PDF形式で定期会合の議事次第をご覧になれます。
2017年[春2], 2017年[春], 2016年[秋], 2016年[春], 2015年[秋], 2015年[春], 2014年[秋], 2014年[春], 2013年[秋], 2013年[春], 2012年[秋]

ページのトップへ戻る